六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英文暗記するとき、別日に書き取りをしたほうがいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
お世話になります。
先月から開始して、思った事が復習の時、言葉は出てきますが、単語スペルを結構、間違ってしまいます。
覚え方として、口ずさむ事を1日やったら、別の日に書きとりをやる方が良いのか、それとも、両方いっぺんに覚えた方が良いのか、わかりません。
くだらない質問ですみません。
皆さんは、どうしているのかと思いメールしました。


■回答
くだらない質問ということはございませんので、ご安心くださいね。
入塾いただいた際のアンケートを確認させていただきましたところ、8月にセブ島に旅行のご予定があるとのことでしたね。

当座の目的が、旅行での英会話ができるようになりたいということでしたら、単語のスペルに関しては、今の時点では、あまり気になさらなくて大丈夫ですよ。

単語等を書いて覚えるというのは、学生時代にもなさったことがあるかと思いますが、やはり、かなりの時間がかかるのが難点です。
取り急ぎ、旅先での会話をなんとかしたい!
ということでしたら、やはり、まずは「簡単会話編」のフレーズをひたすら暗唱することに注力してください。

これを続けるだけでも、毎日相当数の単語やフレーズを目にすることになりますし、その過程で、単語力もある程度はついてくると思います。
まずは、目的に合った学習を集中的にしていただくのが良いと思います。

学習を続けるうち、余裕が出てきたら、スペルを間違えやすい単語をメモしておいて、時間が十分取れるときに練習するのも良いと思います。

復習のときに言葉が出てくるようになったというのは、素晴らしいですね!
ぜひ、旅先でもどんどん覚えたフレーズを使って会話してみてください。
ご報告もお待ちしております



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ