六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ヒアリング力の低下、語彙力の低下が課題。解決方法はある?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ヒヤリング力の低下と語彙量の低下、f・v・th等の正しい発声ができないことが悩みです。


■回答
普段、英語を使う環境でない場合は、意図的にインプットの量を増やすことで、聞き取りや語彙力を維持することができます。

英語の映画やテレビ、ラジオを見たり聞いたり、英語で記事や本を読んだり、今はオンラインでもいろいろなリソースがありますので、ご自身が面白いと思うものをぜひ試してみてください。

fとvは、どちらも、前歯を軽く下唇に触れさせ息を強く出す、という形が基本です。
そこで、息だけを出すのがf、息とともに声を出すのがvです。

こちらのペアを発音してみて、練習してみるといいかもしれません。
https://www.englishclub.com/pronunciation/minimal-pairs-f-v.htm
thは、歯の間に舌を軽く出すようにして、こちらも、息を勢いよく出します。
日本人はなかなかこの強く息を出すことが難しいので、ぜひ意識してやってみてくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ