六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ニュースは聞き取れても、ネイティブの会話が聞きとれない。どうすれば?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ニュースなどはある程度ききとれますが、ネイティヴの会話が聞き取れません。


■回答
ひとつには、ニュースの場合は、トピックがわかりやすいから聞き取れる、ということがあげられるかと思います。
ネイティヴの方との会話でも、話題がはっきりしている場合はついていきやすいかもしれません。

また、会話のほうがイディオムなどの言い回しが増える分、わかりづらくなるところもあるかと思います。

コツとしては、相手の話すことの中で、イントネーションを強く発音したところに注意を向けることです。
(たとえば、I went to the ZOO yesterdayのように、英語では重要なところにアクセントを置きます。
この場合は、zooに行ったという部分がポイントになります)すべてを聞き取ろうとせず、最初はぼんやりとでもいいので、大意をつかむようにしてみてください。

また、会話の場合は、こちらから聞き返すこともできますので、What did you say?What was that?Sorry, I missed that.
のような言い回しを使って、もう一度聞き直したりすることもしてみると良いかと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ