六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】東京オリンピックに向けて、ボランティアで通訳・案内をしたい。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
東京オリンピックに向けて、ボランティアで通訳・案内などができたらと思っています。
何をどう勉強したら良いか分からず、ラジオの各種英語講座も1年で挫折してしまいましたので勉強方法を知りたいです。
オリンピックのボランティアに登録するには、TOEICなども取得しておいたほうが良いのですよね?


■回答
ボランティアで登録されるとしても、ある程度の英語力は必要になると思います。
通訳や案内ということですと、より英語の瞬発力というか、想定外の質問への回答など、高度な対応力も求められるかと思います。

弊社の講座は、毎日声に出して英語の短文を暗唱していただき、ご自身の中に英文のストックを多く作っていただいて、実際の場面で使えるようにすることを目的としております。

ただ、英語力を短期間で身につけるということは非常に困難です。
現在、初心者でいらっしゃるということであれば、ある程度の時間がかかることをご理解いただき、上記の方法で地道に取り組んでいただくことが重要になるかと思います。

TOEICや英検といった試験のスコアや級は、英語力を客観的に判断できる指針となりますので、ぜひ取得することをお勧めいたします。

TOEICは試験慣れも非常に重要ですので、まずは一度、早い時期に受験してみて、ご自身のレベルや苦手分野を把握されると良いと思います。
ちなみに、ボランティアガイドに要求される英語力は、TOEICで言いますと750~800点以上、英検で言いますと準1級以上が目安とされているようです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ