六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】自分の英語が通じない。発音が悪いから?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
発音が悪いです。
だから自分の英語は通じないのでは?
と思いますし、恥ずかしいです。


■回答
英語の発音は、日本語に存在しないものもありますので、難しいですね。
日本人が特にできないと言われている発音としては、有名なのがRとL、BとVの区別がつかない・・・などがあります。

ここで説明するのは難しいのですが、Lは、上の歯の裏側の付け根に舌を持って行き、発音します。
Rはどこかに舌をつけることをせず、奥に引っ込めるイメージです。
Vを発音するときには軽く下唇を噛んで振動させる感じで発音します。
thがつく言葉(thank you など)は、下を軽く噛むような感じで。

その他、いくつかポイントを挙げてみたいと思います。
参考になさってください。

①カタカナは正確な発音の大敵どんな感じで言うのか目安としてカタカナを英語の上にちょっと書く程度ならいいのですが、カタカナの通りに発音したら通じません。
意外とここを見落としてしまう方が多いので、是非気をつけてください。

②早口注意子ども子どもしている英語に聞こえないようにと、早口で話そうとする方も結構いらっしゃいます。
でも、かえって余裕のなさ、自信のなさの表れが出てしまいがち。
うまく話そうとせず、ゆっくりでいいのではっきりと話すことが大事です。
そのほうが自信があるように見えますし、相手も聞き取りやすいです。

③話だけで通じようとしなくてもいい!
私たちが日本語で普通に会話していても、聞こえなかったり、聞き間違えたりはありますよね。
英語でも同じです。
相手に聞き返されても、決して「私の英語は通じなかったんだ・・・」とがっかりしないことが大事です。
そして、何回かやりとりをしてもその言葉が相手に分かってもらえなかった場合は、紙に書いてもいいのです。
また、単語がとっさに出てこなくても説明をすれば、相手に通じることもあります。
例えばお城(castle)が出てこなくて、old buildingとか samurai timeとか、自分が知っている単語で何とか説明すれば、相手が分かってくれる場面は結構あるので、ひるまずトライしてみてください。

具体的にどう改善するか、様々な方法があるかと思いますが、発音について説明している動画を見るのもいいですし、外国人観光客をおもてなしするボランティアグループがあればそういうところに入って、実践を重ねて行くのもいいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。