六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEIC700点以上が会社で必須。効果的に点数を伸ばす方法とは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
会社の規定で、TOEIC700以上の点を取らないといけなくなりました。
スコアは10年前に620点あたりでしたが、今や勉強していないので自信がありません。
とりあえず対策本とか買って勉強し始めていますが、効率的に点数を伸ばす方法や教材などありましたら、ご教授ください。
よろしくお願いします。


■回答
以前に620点を取得していらっしゃるということなので、すでに十分な英語力をお持ちだと思います。

TOEICは「慣れ」も大きく影響するテストだと思います。
ですので、なるべく試験を多く受けた方が良いと思います。

実際に試験を受けると、不得意な(点を取れていない)パートがはっきりとわかります。

まずは「伸びしろ」があるところを重点的に勉強して、点を稼ぐのが鉄則だと思います。

また、限られた時間内ので勉強するにはTOEICの対策本や、過去本は有効だと思います。

時間配分などに気をつけながら、本番を意識して勉強してみてください。
テクニックとして、設問を先に読んでから本文を読むなど、ご自分に合ったテスト対策なども見えてくると思います。

また、リスニング・リーディング両方に共通することですが、「返り読み」をしないように気をつけることは大事です。
日本語と英語では文の要素の順番が違います。

I gave my sister flowers yesterday.
英語の語順通りに「情報」を頭に入れていきます。
自然な日本語に置き換える必要はありません。

例えば、「私はあげた/姉(妹)に/花を/昨日」のように、設問に答えられるように情報を頭に入れ、返り読みをしないよう日頃から訓練すると格段に時間を短縮できます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ