六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】1年ぶりにTOEIC受講。何にどのぐらいの時間を使えばよいか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ご相談があるのですが、来年1月31日にTOEICを受けることにしました。
約一年前のスコアは520点です。
今回は600点を目指して勉強しようと思います。
現在、短文穴埋めの講座はとっています。
それに加えて、持っている過去問題や長文の本で勉強するつもりです。
何にどれくらいの時間を使えばいいかや頻度等、アドバイスいただければと思います。
1つのことに時間をかけてしまうので、計画を立ててもうまく実行していけるか心配です。
どうぞ宜しくお願いいたします。


■回答
TOEICに関しては、時間がない場合などには、TOEICの過去問や参考書は非常に有効です。

あまり時間がありませんので、過去問をオススメします。
過去問は本番と同じような気持ちで(時間を図って本番と同じ条件で)解いてみるといいと思います。
TOEIC試験において、時間の感覚は非常に大事です。

受験されたことがあるということですので、苦手なパートなど見当がついていらっしゃることと思います。
(過去問を解いてもわかるかと思います)苦手なパート(現在点数をとれていないところ)は伸びしろがあるということです。
より時間をかけて勉強されるとよいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ