六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICのリーディングスコアが上がらない。どうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICのreadingのスコアが上がらないのが悩みです。


■回答
TOEICのリーディングをあげるには、まずは文法、語彙を完璧にすることと、その後の長文問題で、速読できるスキルを身につけることが大切だといわれています。

語彙は、長文問題にも生きてきます。
TOEICの語彙は、特殊です。
毎回のように出る単語も沢山あり、それは必ずしも日常会話で必要とされる単語ではありません。
ですので、TOEIC用の単語帳などを1冊、完璧に覚える、くらいの意気込みでやると良いと思います。
リスニングで出される場合もありますので、自分で読んで音を確認して(単語帳にはCDがついているものが多いので)読んでも、聴いても、大丈夫なようにすると良いと思います。
TOEICの文法は実はそこまで高度なものはでないので、一度過去問などを数年分といてみましょう。
間違えたところの文法セクションを文法書で確認し、同じ間違いをしないようにする、というのが良いと思います。

語彙と文法は、割とすぐに効果が表れますが、速読だけは根気がいります。
ひたすら英文を読む癖をつけてください。
ただそれだけです。
伸びもあまり実感できないし、辛いところですが・・・。
とにかく続けることが大切です。
レベルに合わせた文章を読んでください。
初級なら、簡単な本などから初めて、上級者はニュースなどでも良いと思います。
いきなり難しい文章を読んでも、単語で止まってしまうので、速読の練習にはふさわしくありません。
大体の単語が分かるくらいの、自分のレベルに合った文章をいかに沢山読むか、が勝負です。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ