六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】香港在住。インター幼稚園で先生と英語でやり取りの必要あり。英作文ができない対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
香港在住です。
買い物やレストランでは何とか通じていますが、10月から子供がローカルのインター幼稚園(英語、北京語、広東語)に行くので、先生とのやり取りが英語になります。
面談などで、意思疎通が出来る程度に会話力を付けたいと思っています。
何と言っているのか、聞き取りは何となく出来るのですが、英作文が出来ず、言いたいことが伝えられず困っています。


■回答
香港在住ということは、結構、日常会話で英語を使う機会が多いですよね。
英作文、というか、英語で話す(英語で文章を作る)には、まず、リスニングをして、頭の中になるべく多くの英語のフレーズ、英語の塊をいれるに限ります。
聞けなければ、話すことは出来ないのです。

簡単な子供向けの番組や、アニメからでいいので、沢山英語を聞き、出来ればそれを聞いた後に繰り返して言うシャドーイングなどをプラスしていくと、英語の文章、塊がどんどん蓄積されていきます。
そこで学んだ表現などが、自然と言えるようになっていきます。
難しいニュースなどから始めてしまうと、とても難しくなってしまいますので、平易な番組や、映画から始めることをお勧めします!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ