六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】子どもの英語教育について。日本の教育内容を英語で行なう学校は有効か?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
子どもの英語教育についてご意見をお聞きしたいと思い、メールさせて頂きます。
来年から小学校に進学する長男がいます。
日本の教育内容を英語で行っている学校があると知り、学校説明会に行きました。

そこで
・入学時の英語力は問われないこと
・四年生までは国語と宗教以外は英語で授業が行われること
・日本語でサポートをしてくれる先生がおられること
・家庭での予習復習が必要なこと
・聞く耳は育つが、話せるかどうかは個人差がとてもあること
・中学校の進学状況はこの国際コースと普通のコースとで、差が出ていないこと
などを知りました。

四年生以上になると、受験の関係で英語の授業は副教科のみになるようです。
勉強は母国語のしっかりとした土台が重要だと感じております。

我が家は中国と日本のハーフなので、家では中国語も少し話します。
三ヶ国語を同時に、というのはどうなのかな、とか、外国語の時間が長すぎて、基礎学力のない語学勉強にならないか、など、気になることが出てきました。
でも、アジアから日本に来ている最近の留学生は、三ヶ国語を話すことが当たり前になってきています。
子どもの教育については、各家庭の教育指針によると思うので、意見を頂きにくいことだと思います。

英語を身につけるということだけを考えて、このような環境の小学校に進学するのはどう思われますか?
率直なご意見をお願いします。


■回答
お子様の英語教育についてですが、私自身の経験としてお答えさせていただきます。

私は海外で育ったのですが、幼稚園までは現地校(英語)でした。
しかし、親の教育方針により、小学校高学年までは、日本人学校でしっかりと日本語で教育を受けました。
中学は英語、高校は帰国して日本語、大学以降は英語です。
私の感覚では、母国語は日本語、そして英語も問題なく操れるという感じです。

語学力というのは、母国語がしっかりしていないとつきません。
これは研究もされていることで、帰国子女のなかには、中途半端な語学力で苦労している人はたくさんいます。
まずは、お子様の母国語を日本語、中国語、英語のどれにするかを決めるのがいいのではないかと思います。
英語を身につけるということだけでしたら、今から英語環境におくというのは、いい選択だと思います。
それには、家でも英語を話すなどすると、更に英語力は高まると思います。

ただ、英語で小学校教育を受けてしまうと、その先、日本語で教育を受ける際、少し苦労するのは事実としてあるかと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ