六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】単語が覚えられない。1つ2つ聞きとれても意味がつかめない。解決法はある?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
単語を覚えられないので、たまにひとつふたつ聞き取れたとしても意味をつかめず、文章を読んでも同様で、悩んでいます。


■回答
語彙力を増やすのは本当に大変ですね。

「復習に次ぐ復習」しかないといえばないのですが、文章を読んでいる時にすべての単語の意味を知っているという状況はまずありえません。

分からない単語の意味を調べて、語彙力を増やすのは必要なことですが、まずは調べずに文章を読むことも大事です。

まずは単語の品詞を推測します。
文の構造や、または単語自体の感じから推測することは、それほど難しいことではありません。
そして大体の意味を推測しながら読んでいきます。
大きくは「良い意味」か「悪い意味」か、さらに進んでこういう意味ではないかと推測していきます。
これはリスニングにおいても同じです。

これは英語の試験対策や、根本的な英語力アップのためにオススメとされている方法です。

語彙力は一長一短では身につかないので、焦らずに取り組んでいきましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ