六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】大学院の博士課程の入試を控えている。時間内に英文読解するには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
大学院の博士課程後期の入試を秋に控えています。
時間内に英文読解し、英文で回答することが難しいです。


■回答
大学院の博士課程後期の入試については詳しく存じ上げないので、一般的な英文読解と英作文についてのアドバイスとさせていただきます。

一般的に、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく伸ばすことで、英語の実力はアップしていくと言われています。

ですので、「読む」「書く」だけを行えばよいというものではないのですが、入試が近いということですので、この2つを特に重点的に行うという勉強法になると思います。

読解力は、読んだ量に比例します。
多くの英文を読むことをオススメしますが、読む時のヒントをお伝えしたいと思います。

まず、「返り読み」をしないようにクセを付けることが大事です。
日本語と英語では語順が異なります。
英語を日本語の語順で理解しようとすると時間がかかってしまします。

My grandfather gave me a toy as a birthday present yesterday.
このような英文があった場合、英語の語順のまま区切りをつけて情報だけを頭に入れていきます。

My grandfather gave me/a toy/as a birthday present/ yesterday.
例えば、祖父はくれた/おもちゃを/誕生日プレゼントとして/昨日
綺麗な日本語の語順に直さず、英語の語順のまま情報を頭に入れていく習慣を付けましょう。

また、英文を読んでいくと必ず知らない単語が出てくると思います。
知らない単語に慣れることも大切です。
知らない単語が出て来た時には、意味は分からなくても、それが名詞なのか動詞なのか主語なのかを判断し、何となくの意味を推測するクセを付けましょう。

また、英作文の能力も実際に書いた文の量に比例して上がっていきます。
とにかく書いてみることです。

Lang-8というサイトをご存知でしょうか?
http://lang-8.com/
ネイティブが英文を添削してれます。
基本的に無料ですが、日本語の文を添削してあげることで、添削してもらえる率がアップします。
参考にしてみてください。

少し抽象的なアドバイスになってしまいましたが、参考にしていただけば幸いです。

試験頑張ってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ