六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】1年経過したが英会話が出来ず、リスニングが特に課題。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
1年経過しましたがなかなか、英会話が出来るまでには至っていません。
特に、リスニングがだめで、例えば、NHKの「ニュースで英会話」「リトルチャロ」等の中でゆっくりした会話のやりとりが、少し理解できる程度です。
文章では、専門的でないものならば、ある程度理解できます(例:日本経済新聞の週一回の街角トピックの英文)


■回答
リスニング力について、六単塾では、良質で大量の英文を繰り返し暗唱することで力をアップさせることができると考えております。
そうすることにより、英語を聞いた際に自分が知っている英文にヒットする確率が高くなるという訳です。
講座の英語フレーズを自分の口で暗唱し、自分の耳で聞くことによって英文の定着率が上がります。
また、単語、熟語を個別に覚えるのではなく、英短文ごと暗唱することに特化しているため、効率良く学習ができる上、結果が出るのも早いです。

六単塾の学習は地道なやり方ですが、続けることによって確実に力が付いていきます。
毎日暗唱を続けていけばかなりの英文を身に付けることができます。
充分に英会話が聞き取れていないというのは、それだけ自分の中に定着している英文数が少ないということです。
ぜひ、毎日英文を暗唱することを心がけ、諦めずに続けていただきたいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ