六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】CNNのテロップをみて聴き取り訓練中。このままでよいか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
CNN student news のテロップに出るアナウンサーのニュースを音読して、この速度での聴き取り能力を上げようとしています。
テロップに出る字幕の読み取りは何とか(8割くらい)できますが、聴き取りだけによる意味の理解度がなかなかあがりません。
ネイティブのノーマル速度のスピーキングの聴き取り克服のために今やっている方法が効果があるのか不安です。
私がやっている方式(自分で思いついた方法です)でよいでしょうか。
ご教示ください。
当面の目標はNHKが中継しているサンデルの白熱教室やTEDスーパープレゼンテーションなどの聴き取りです。


■回答
自分で発音してみることは、聞き取り能力をあげるためにはとても有効な方法だと思います。
耳も鍛える必要がありますので、シャドーイングのような感じで、聞きながら自分でも言ってみるという練習をするといいかもしれません。

また、言語は、自分で発音できない音は聴き取るのが難しいという特徴があります。
英語には日本語にない音がたくさんあります。

お暇な時にでも、IPAという発音記号などで英語のひとつひとつの音を勉強して自分でも発音できるようにしてみると、聞き取りにも役立つかと思います。
こちらのサイトなども使えるかと思いますので、活用してみてくださいね。
http://www.cambridgeenglishonline.com/Phonetics_Focus/

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ