六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】クライアントとの会話・メールに対して、素敵な英語を使えるようになりたい。対策の教材は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
海外駐在を初めて1年半が経ち、六単塾のおかげで、言いたいことを伝えられずに困ることは少なくなりました。
最近では欲が出てきて、細かい言い回しや気遣いを言葉の中に入れることも、英語で会得していきたいと思うようになりました。
海外事務所の責任者という立場で、クライアントとの会話・メールに対して、素敵な英語を使えるようになりたいのですが、何かオススメの教材はありますでしょうか。

あと英語をやっていて難しく感じるのは、come, give, keep, talk, take などの動詞が、後に来る前置詞(on, away, to, ofなど)次第で色々な意味を持つことです。
混乱してしまい、覚えられなくて困っています。


■回答
コミュニケーションができるようになってくると、ニュアンスにも気を配りたいと思うものですよね。
英語は日本語ほど敬語などはないですが、確かにビジネスの際に使うフォーマルな言い回しというものはあります。

Business Englishなどで検索してみると、以下のようなページが出てきますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。
http://speakspeak.com/resources/general-english-vocabulary/more-useful-phrases-for-business-emails-and-letters

また、メールなどに関しては、このような本も役に立つかもしれません。

http://www.amazon.com/Strategic-Business-Letters-E-mail-Lindsell-Roberts/dp/0618448330

come, give, keep, talkなどの動詞と助動詞の組み合わせですが、組み合わせて使う動詞のことを、英語ではphrasal verbといいます。

いろいろなphrasal verbが載ったサイトを見つけましたので、迷った時にはご参考になればと思います。
http://www.englishpage.com/prepositions/verb_preposition.html

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ