六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】覚えにくい、苦手な文章は、書き出して何度もやるようにしないとだめ?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
覚えにくい、苦手な文章は、書き出して何度もやるようにしないとだめでしょうか?
早く進めたいのですが、できないことには進まないし・・・1日の解く数をふやすしかないですかね。
暗唱できるものが増えてくると楽しくなってきますね。毎日実施するよう頑張ります。


■回答
なかなか覚えられない文章を紙に書きだした方が良いのか?
というご質問ですが、六単塾では、書いて覚えるという方法はお勧めしておりません。
あくまでも、声に出して覚える、という方法を実践してくださいね。

また1日あたりの問題数を増やした方が良いのか、ということですが、これも無理に増やさない方が良いと思います。
数を増やして、こなせないことがまたストレスになってしまっても逆効果ですし、少しずつでもコンスタントに勉強することをお勧めします。

暗唱できるものが増えると楽しくなってきた、と書いていらっしゃいますが、その「楽しくなってきた」という部分が非常に大切です。
楽しくなくては、やはり続けられませんので。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ