六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】アクセントに関してはどのように理解し、学習を進めればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
学生の頃に学習したときの記憶で、疑問文では語尾を上げて発音するとか、どこどこを強く言うとかと教えられた記憶があります。
アクセントに関してはどのように理解し、学習を進めて行けば良いのでしょうか。


■回答
英語では基本的には、文章の中で強調したい部分を強く、高く発音します。

たとえば、He's not going to Kyoto next week.
という文で、Heを強調した場合は、「彼ではなく他の人が京都に来週行く」
notを強調した場合は、「彼は京都に行くと思っていたかもしれないが、行かないのだ」
Kyotoを強調した場合は、「彼は京都には行かない(他のところに行く)」
next weekを強調した場合は、「来週は行かない(他の時に行く)」
というように、ニュアンスが少しずつ違ってきます。

また、質問の語尾を上げるか上げないかは、国や地域によっても違いがあります。
一般には、アメリカ英語は語尾を上げ、イギリス英語では上げない傾向があります。

映画など、ネイティブの話し方を真似てみてくださいね。

ご参考になりましたら幸いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ