六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】アクセントに関してはどのように理解し、学習を進めればいい?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
学生の頃に学習したときの記憶で、疑問文では語尾を上げて発音するとか、どこどこを強く言うとかと教えられた記憶があります。
アクセントに関してはどのように理解し、学習を進めて行けば良いのでしょうか。


■回答
英語では基本的には、文章の中で強調したい部分を強く、高く発音します。

たとえば、He's not going to Kyoto next week.
という文で、Heを強調した場合は、「彼ではなく他の人が京都に来週行く」
notを強調した場合は、「彼は京都に行くと思っていたかもしれないが、行かないのだ」
Kyotoを強調した場合は、「彼は京都には行かない(他のところに行く)」
next weekを強調した場合は、「来週は行かない(他の時に行く)」
というように、ニュアンスが少しずつ違ってきます。

また、質問の語尾を上げるか上げないかは、国や地域によっても違いがあります。
一般には、アメリカ英語は語尾を上げ、イギリス英語では上げない傾向があります。

映画など、ネイティブの話し方を真似てみてくださいね。

ご参考になりましたら幸いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。