六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英文に翻訳するとき、辞書を何度も確認する必要がある。対策は?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
最近、twitterでほぼ英語アカウントだけフォローしているので、生活のtipsネタなどのリンク先サイトを開いて英語を浴びてはいます。
が、普段すいすい読めていても、自分がoutputする時になると、頭に言葉は浮かぶものの、辞書で確認しないと言葉が使えないのです。
仕事では翻訳することも多くありますが、困ったことには、同じようなことを何度も何度も辞書引きしてしまいます。


■回答
お仕事で翻訳する際に何度も辞書を引いてしまうということですが、これは決して悪いことではないと思います。
ビジネスの場で使うとなると、やはり間違いがあってはいけませんので、何度も確認することも必要ですね。
その際に、「こんな使い方もあったのか」という、新たな気づきを得られることも多いと思います。
ぜひ辞書は億劫がらずに、どんどん引いてくださいね。

いまなら検索エンジンが辞書替わりになります。すぐ検索できるのでぜひご利用ください。
その際の覚え方のコツですが、手や上半身をつかってジェスチャーを何かやって英単語を発音して覚えてみてください。
ジェスチャーは、その単語を表すようなイメージで、やってみると記憶に残りやすいです。
英単語というタダの文字が、ジェスチャーによってつながるからです。
さらに発音もすることで、記憶に残りやすくなります。
10回ほど繰り返すと効果的です。

頂いたメールから、暗唱の効果を少しずつ実感していただいていることがうかがえ、大変うれしく思います。
ぜひこのペースで学習を続けてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。