六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】職場に外国人がいてイヤでも話す必要あり。いざというときにすぐ言葉が出ない。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
いつも大変お世話になっております。六単塾、毎日楽しく学習しています。
おかげ様で、大分、こんなときはどういえばいいか、について身についてきたとは思います。

が、以下のような悩みを抱えておりましてこの対応について御相談する次第です。
宜しくお願い致します。

”しゃべる”ということについて、日常から職場に外国人がいて、いやでも英語をしゃべらなければいけない環境にないため、いざというときにすぐに言葉が出てこないのです。
そんななか秋頃から、外国人職員が来日し、1週間程度、会議を一緒にすることになりました。
これに対応するために、オンライン英会話に入会して”口ならし”のようなことを沢山するのがいいのか、悩んでいます。

過去には米国にいって英語で仕事をするようなこともしていたのですが、帰国子女でもないせいか、そんな環境から離れると、すぐに言葉が出なくなるようです。
チャットやメールなどだと、考える時間があるためか、それほど高度な内容でなければ不便はしない、というくらいのレベルなのですが・・。
漠然としていて申し訳ないのですが、このような場合に、オンライン英会話に入会するべきか、他に練習の手段があるのか、ご教示頂ければ大変ありがたいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

PS.いまどきYou-Tubeには確かに沢山英会話の動画があります。
これはこれで本当に役立つのですが、そこで出てくるフレーズが、必ずしもしゃべるときに必要な内容と一致しているわけでもないので、結局はこれを頑張っても、言いたいことは出てこないありさまです。


■回答
ヒアリングではなく、スピーキングの問題ですね。
スピーキング対策は、2つのアプローチが必要になります。

1つ目のアプローチは、ネイティブのよく使う汎用的なフレーズを体得すること。
これは日常英会話のような使いやすい言葉をしゃべるときに有用です。
一般常識に相当するような言葉で、これは六単塾の学習で網羅されています。
ちなみにリスニングのアプローチはこのアプローチだけで8割がたOKです。

ところがスピーキングの場合、もう1つのアプローチが必要になるんです。
その2つ目のアプローチとは、自分が言いたい言葉を洗い出し、フレーズとして体得すること。
これは「しゃべる」という特性上、必要にならざるを得ないのです。

しゃべる内容は、人によって言葉がかなり異なってきます。
たとえば鉄道オタクの人なら鉄道特有の言葉を使いますし。
会社で話す人なら、仕事内容の話になりますし、何の仕事をしているかでも変わってきます。

そしてどういう言い回しをするかも、人によって異なってきます。
話内容を順序付けて論理的に話ができる人もいますし。
感覚的に言いたいことを伝えていって話をつくる人もいますし。千差万別です。
このように、ライフスタイルや言い回しによって人の話す内容は異なるのです。
だから、アプローチ1の一般的に使われる言葉を覚えるだけでは、すぐしゃべれるわけにはいきません。
確率的な話になると、ちょっと確率が低くなるのです。

そこでしゃべる場合は、自分の言いたい言葉を洗い出し、その言葉の英会話フレーズを体得するとうまくいきます。
あなた自身が言いたい言葉をそのまま覚えるので、実際に話す機会が確率的に高くなるのです。
つまりそれがしゃべれるということになりますね。これがアプローチ2です。

まとめると、聞き取る場合は、アプローチ1で充分です。
しゃべる場合は、アプローチ1と2が両方必要になります。
しゃべることに課題がある場合、アプローチ2を強化するとよいと思います。

それから、実際に話す機会が少ないというのもあり得ますね。
その場合、オンライン英会話が効果的だと感じました。

ご自身でご指摘のとおり、英語の勉強やメール、チャットももちろん英語の勉強になりますが、実践的な会話力を養うには実際に発話することがとても大事です。

完璧な英語、またはその場、状況に合ったフレーズを話せれば一番良いですが、多少間違っていても、遠回りになったとしても「伝える」ことが大事だと思います。

最適な例ではないかもしれませんが、The sky is the limit.というフレーズは限界がないことを表します。
こんな言葉がとっさに出てくれば良いですが、例えば、There is no limit. と言っても同様のことは伝わります。

フレーズや熟語、単語を覚えていくと同時に今持っている語彙と文法でいかに言いたいことを組み立てられるかが会話力アップに繋がると思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。