六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】シンガポールに赴任したが英語がわからない。品詞を覚えていくことは有効?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英語も全くできない状態でシンガポールに海外赴任してしまい、毎日英語で苦しんでいるところです。
英語を理解する必要があったのですが、全くわかりませんでした。
帰宅後、各単語の品詞から、やっと内容が理解できたのですが、やはり各単語の意味はもとより、各単語の品詞が読解する上で非常に重要と思いました。
なぜなら、どこで文が切れるのか、品詞がわかると、推測ができるかなと思ったからです。
品詞と合わせて単語を覚えていく以外に、読解する時のコツがもしあれば教えて頂きたく、お願いします。

■回答
シンガポールに赴任されたのですね。
シンガポールの英語は、Singapolishとも呼ばれ、いわゆる欧米の英語と、発音なども含め異なる部分があると聞いたことがあります。

語彙力を増やすと同時に、基本的な文法を学ぶと良いと思います。
文中の意味の切れ目は、文法が分かっていると理解できます。

難しい文法ではなく、まずは中学校の英文法、そして高校卒業程度の文法が分かれば十分です。

お客様がお送りくださった英語を理解するのに必要な文法も、高校英語までで十分です。

参考書などを手許に置いて復習し、また疑問に思ったところは、すぐに参照すると良いと思います。

頑張ってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ