六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】学習期間が空いたときの再スタートの方法で、効果的な方法とは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
毎日テキスト問題が見れずに溜まってしまうと、再スタートから通常に戻すのに時間がかかってしまいます。
毎日20~30分はかかってしまう日が1週間位続き、また挫折して、また時間をかけて再スタートしてと、悪循環に陥ります。
毎日コツコツやるのが一番いいとはわかっているのですが・・・もし、学習期間が空いてしまった後の再スタートの方法で、効果的と思われるものがあったら教えていただきたいです。


■回答
しばらく間が空いてしまった場合は、過去の記憶が残っている問題から再開すると、効率的に進めることができます。
再開してしばらくは、とにかく、学習を習慣化させることを重視してくださいね。
1日にたくさんやっても辛いだけですし、続けるのが大変になってしまいます。
未読の問題は、時間のあるときにやれば充分で、後回しにして構いません。

1日1英文でも良いので、毎日解くことを習慣にしていただき、英文を確実に身に付けていくことが重要です。
お忙しい毎日の中で、学習時間を確保するのは大変だと思いますが、とにかく少しずつでも良いので、毎日英語に触れていただければと思います。
六単塾の場合、メールチェックして流し読みするだけでも大丈夫ですよ。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ