六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】海外留学前にヒアリング対策したい。悩みが4つあるがどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ヒアリングにも暗唱が有効だということは理解はしているのですが、現地でいろんな方が話される言葉、短文はまちまちで無数にあると思いますのでそれらを全て暗唱して準備してくことは難しいと思います。
また、聞き取れたとしても、特に長く話された場合はきちんと意味を理解できないことも多いのです。

1.まずきちんと聞き取れるためにすべきこと
2.聞き取れた場合に意味をすぐに理解できるためにすべきこと (例えば単語・短文の意味は知ってるのに、続けて話されると頭の中で理解できない)
3.意味を知らない単語を含む文のヒアリング方法、その受け答え方法
4.その他、現地で気をつけることなど

の1~4それぞれについて、できるだけ詳細にアドバイス頂けませんでしょうか?


■回答
留学先がフィリピンということですので、1の対策としてフィリピン人英会話講師によるオンライン英会話学校を利用してフィリピン英語独特の訛りや発音に慣れておくと良いと思います。
英会話 レアジョブなどが有名ですのでご存知かもしれませんね。
六単塾で覚えた英文をそうした会話の場でとにかく使ってみることです。
英会話は「覚えては使う」を繰り返すことで英文がしっかり身に付いていきます。
出発まであと2ヶ月ということですので試してみてください。

2については、できるだけ「英語を英語のまま理解すること」ができるよう訓練しましょう。
何か英文や単語を聞いたときに日本語に訳してしまうとその分時間がかかるため会話になりません。
英文や単語を聞いたら日本語に訳すのではなく、頭に「概念」をイメージするようにしましょう。
抽象的な言葉は難しいかもしれませんが、日本語を介さず英語のままイメージするのです。
慣れてくるとこれがすぐできて英語を英語のまま理解できるようになり、会話がスムーズに進みます。
最初は大変ですが続けることでできるようになります。

3についてですが、意味を知らない単語の前後の文脈から判断したり想像してみることが必要です。
英文が全然理解できない状態であれば、相手に聞き返しましょう。
分からないまま、あるいは分かったつもりで答えるのはよくありません。

4に関連して、現地での会話をICレコーダで録音することをお勧めします。
録音した音声を時間を10分ごとなどに区切って聞いてみましょう。
聞き取れる言葉やこれは良いフレーズだと思うものを中心に聞き取る、または書き取るのも効果的です。
2文3文だけでも、言いたい言葉をピックアップして、それを言えるように訓練しておくと(六単塾の暗唱ですね)使えるようになる可能性が高くなります。
音声と会話の内容をよく理解することが大事です。
そうすれば、次に会話するときに、ネイティブのいうこともだいぶわかってくると思います。
この繰り返しこそが一番大事なことですので、諦めずにやってみましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ