六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICスコア775点。1年で860点までアップさせるための対策とは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICスコアは775点。リスニング415点、リーディング360点です。
これから一年間で、860点までアップさせたいです。
どういった点を重点に勉強したらよいか、アドバイスいただきたいです。


■回答
すでにかなりの高得点を取っていらっしゃいますね。

リスニングとリーディングの点数を見ると、伸びしろのあるリーディングの点数を特に上げていくことが良いかと思います。

長文問題は時間内にすべて解き終えていますか?
もし、全ての問題が終わっていない(または不確かだけれど全問終えている)場合には、長文問題の精度を上げると大分点数も変わってきます。

英文を多く読み、英文に慣れること、読む速度を上げていくことが必要です。
時間制限をした多読が効果的です。

テスト前などはTOEIC教材を行うのが効果的だと思いますが、1ページに2、3個ぐらいしか分からない単語がない英文を制限時間をを決めて読んでいくことを繰り返していくとよいと思います。
洋書などでも、子供向けやティーン向けの小説などがあります。
また、興味のある分野の英文も良いでしょう。

また、分からない単語があってもその単語の意味を推測する癖を付けていくといいでしょう。

また、英文を返し読みしない癖をしっかりと付けていくと良いと思います。

I was reading a book which my father gave me yesterday.
英語と日本語では語順が違うので、上記のような英文を日本語の語順で解釈すると、時間がかかってしまいます。

そこで文頭から区切って情報を頭に入れていきます。
I was reading a book/which my father gave me/yesterday.例えば、「私は本を読んでいた」「それを父がくれた」「昨日」と情報を区切って頭に入れて返し読みを防いていきます。

これはリスニングにも適用できる方法です。
また、設問を読んでから問題文を読むなどのテクニックもあります。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ