六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ドイツ語学校で英語も勉強中。多数言語習得では言語の切り替えスイッチは必要?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

 

■質問
先月からドイツ語の語学学校へ通う毎日です。しかしレッスンして下さる先生はイギリス人だったり、イタリア人だったりで、英語がやはり必須な毎日です。そんな時、毎日英語に触れる機会として、六単塾はとても重宝しております。

 

以前に家の中では英語、外ではドイツ語など場所別に切り替えるといいとアドバイスいただきましたが、英語、ドイツ語とどちらも中途半端なため、シチュエーションで切り替える場合、心の準備時間が必要になっております。

 

先生は多数言語習得なさっているとのこと、言語の切り替えスイッチみたいなものはありますでしょうか?

 

また心のつぶやきもなるべく他言語を心がけると上達が早いと聞いたのですが、例えばレッスンや合わせに向かう途中は英語、その他はなるべくドイツ語、という方法はいかがでしょうか?

 

言語の切り替えスイッチとは

外国語は、最初のうちは「よし、しゃべるぞ!」と気合を入れないと、なかなか切り替えられないものですよね。

 

私も英語以外の言葉も勉強しているのですが、個人的には切り替えのきっかけになるのは、「人」の場合が多いです。この人としゃべる時にはこの言語、と決まっている人が何人かいると、切り替えスイッチになりやすいかもしれないですね。

 

その時の状況別に心のつぶやきの言語を変えてみるのもいいと思います。言語ごとに回路を別々につくってあげるというイメージですね。ただ、両方同時にしゃべらないといけない場合などは、混乱してしまうのはある程度仕方ないかと思います。

 

f:id:rokutanjuku:20170903065838j:plain

 

英語日記を書くのも有効

また、書く方がしゃべる時よりもじっくり考えて一つの言語に集中できますので、英語だけ、ドイツ語だけなどで簡単でもいいので日記などを書いてみてもいいかもしれません。二言語の同時習得、大変だとは思いますが、がんばってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 

 

f:id:rokutanjuku:20170907092012j:plain