六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICリーディングのスコアが不安定。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEIC受験で、600点越えが出来そうで 出来ていません。
リーディングのスコアが浮き沈みしているのに比べ、リスニングは安定しているように感じ、まずリスニングを伸ばそうと思っています。


■回答
英語は、インプット(英語を読んだ量や聴いた量)に比例して伸びていくので、すぐに結果を出すのは難しいものです。

ご質問者様はじめ、受験者の方はTOEICの対策本などをしっかりと勉強されていることと思います。
(TOEICの対策本は効果的です)
点数が伸び悩んでいる方に共通するのは、最後の長文が全問終わらない、リスニングでパニックになってしまうということです。

私が思うキーポイントは、返し読みや考え戻りをしないということです。

I was reading a book which my father gave me yesterday.
↑上記のような英文を日本人は日本語の語順で理解しようとします。

それが返し読みを招いてしまいます。
英語の語順ごとに情報を頭に入れていくことが重要です。

I was reading a book / which my father gave me / yesterday.私は本を読んでいた / それを父がくれた /昨日
上記のように区切った各情報をそのままの順番で頭に入れていきます。
この考え方はリスニングにもリーディングにも適用できます。
この練習をして飛躍的に点数が上がった方を多く知っています。
試してみてください。

リーディング、リスニングともに語彙を増やすことも大事です。
TOEIC問題に頻出される単語をまとめた参考書などが多く発売されていますので、少しずつ語彙を増やしていくとよいと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ