六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】子どもの英語学習は、できるだけ早めにやるべきか?どのようにすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
子供の英語学習についてお尋ねしたいと思っております。
現在、3人の子どもがおりますが、将来英語が必要な世の中になると思います。
いずれも小学校は公立に行かせたいと考えております。

①英語の学習をできるだけ早めにやるべきなのか
②その場合はどのようにすればいいのか

をお教えいただけないでしょうか。

アメリカのサマースクールに1ヶ月入れるのが良いとも聞いています。

また、英語には関係ないかもしれませんが、子供の勉強や学力に対してお考えおありでしたら聞かせていただければ幸いです。


■回答
子供の英語教育については様々な議論がありますね。
英語の早期教育を推進する理由としては、「早いうちから英語をやる方が耳が慣れるし、英語嫌いにならないだろう」ということが一般的によく言われていることだと思います。

確かに、子供の耳は柔軟でいろいろな音を聞き分ける力を持っているとされていますし、英語に触れて慣れさせておくことで将来英語に抵抗がなくなるというのも否定はできません。
しかし、小さい頃に全く英語に触れていなかった人が大人になってから英語の学習を始めても遅いし身に付かないかというと決してそういうことはありません。
中学での英語の授業から勉強を始めて英語に興味を持ち、その後自分で学習を続けて英語力を磨いている人は、たくさんいます。

本人が英語に興味を持ったり、英語を話す必要が出てきたりすることがモチベーションとなる訳で、そうなれば自主的に学習していくらでも英語力を身に付けることが可能なのです。

子供も大人も要は学ぶ人次第ですよね。
たとえ小さいうちから親が英語をやらせても、本人が興味を持たなければ続かないでしょうし上達もしないでしょう。
これは語学に限らず何事にも言えることだと思います。

もし、子どものうちから英語をバイリンガルレベルで習得させたいというのであれば、インターナショナルスクールに通うくらいしないといけないと思います。
ただ、インターナショナルスクールは学費も高いですし、基本的には英語ネイティブの子どもたちが通う学校ですので授業に付いていくのは大変かもしれません。

英会話スクールに通うという手がありますが、これだとはっきり言って大した英語は身に付かないと考えます。
英会話スクールに行く時間だけ英語に触れるだけでは足りないからです。
例えば家でも両親のどちらかとは必ず英語で会話するなどしないと、英会話力は身に付いていきません。
せいぜい、小学校での英語の授業が苦痛にならない程度になるぐらいです。

アメリカのサマースクールに通うのも1つの手段ですが、1ヶ月では短いですし、帰ってきてから英語を使わないと忘れてしまうでしょうね。

子どもの勉強や学力について、個人的には勉強することを通して「主体性を育てること」が一番重要と考えます。

知識や教養を付けることも大事ですが、実社会に出てからはいかに主体的に物事に取り組むかで自分にとって得られるものが格段に違ってくると思うのです。
何かに取り組んだとき、たとえそれが失敗したとしても全て自分の考えに基づいて主体的に行ったことであれば失敗から学ぶことは大いにありますし、それをバネにまた次頑張ることができると思います。

なので、子どもが自主的に学びたいと思うように親御さんが導いてあげる、環境を整えてあげるというのが大事なのではないでしょうか?
簡単なことではありませんが、親も子どもと共に学ぶという姿勢があれば、お子さんもきっと学ぶ意欲を持つようになると思います。

以上、あくまで個人的な意見ですがご参考いただければ幸いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。