六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】海外子会社で勤務中、でもTOEICは200点台。学習法はどうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
過去TOEICテスト3回受けましたが、200点台でした。
海外子会社の経理担当でこれではまずいと思い、今回入塾しました。

質問ですがずばり学習方法及び進め方についてです。
長期目標はブラックミュージック好きなので、5年後ぐらいに単身ニュヨークのハーレムへ旅行に行きネイティブと会話が出来る。
短期目標は今年7月のTOEICで450点、来年1月で600点獲得です。

ちなみに学生時代は英語苦手でした。
社会人になってからも特に勉強していません。


■回答
目標が明確で長期のものと短期のものとに分けられていて、とても良いと思います。
さて、これまで受けたTOEICのスコアを見ますと、現在のリスニング、リーディングの実力にはそれほど差が無いようですね。
TOEICは通常リスニングセクションの方が点数が取りやすいです。
そのため、まずはリスニングセクションに注力することをお勧めします。
リスニング力アップには六単塾の学習が最適です。
六単塾では、リスニング力=覚えた英文の数で決まると考えております。
従って、毎日講座メールを解いて自分にインプットしている英文の数を増やすことで、英語を聞いたときにヒットする確率が上がるという訳です。
入塾されて間もないとのことですので、必修の6単語英会話講座だけに絞って毎日解いていきましょう。
6単語英会話講座ではネイティブが高頻度で使用する英文が網羅されていますので、これを毎日学習し続けるとかなりの英文が身に付きます。

ちなみに、六単塾では毎日短時間の学習をコツコツ続けることを「ストック学習」と呼んでおります。
TOEICのスコアアップには、このストック学習のほかに「フロー学習」という学習も必要です。
この言葉も六単塾独自のものです。

フロー学習とは、休日などまとまった時間が取れるときに集中して行う学習のことを言います。
ストック学習が1日10分~30分であるのに対して、フロー学習は1時間~3時間かけて行います。
TOEIC対策として行うフロー学習では、公式問題集をはじめとするTOEICの問題集を時間を測って解いたり、解いた問題で間違ったところについて解説を読んで理解を深めたりします。
フロー学習は月に1~2回行うと良いでしょう。

5か月後のTOEIC受験に向けてこのような方法で学習を進めてみてください。
良い結果が出るよう頑張ってくださいね!
六単塾の学習法などで分からないことなどありましたら、いつでもご連絡ください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。