六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】アメリカ英語とイギリス英語の発音がかなり違う。どっちを覚えたほうがいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英語の勉強はほとんど自宅学習なので、あまりネイティブとの会話の実践が少ないのですが、イギリス英語とアメリカ英語の発音がかなり違うことを最近知りました。
どちらを覚えたほうがいいでしょうか?
日本の教材にはイギリス英語が多いとも聞きました。
でも世界にはアメリカ英語の発音のほうが広く知られているとも知って、アメリカ英語の発音で覚えたほうがいいのかなとも思ったのですが、どうなのでしょうか。


■回答
アメリカ英語とイギリス英語について。
日本では、学校での習う英語もちまたにある教材に載っている英語もほとんどがアメリカ英語です。
六単塾の講座も全てアメリカ英語がベースです。

基本的にはアメリカ英語の発音を覚えておけば間違いありません。
イギリス英語の発音はちょっとした違いですので、1度わかればその後は問題ないレベルです。
日本語の「標準語」と「関西弁」ほどの違いもありません。

以前の返信にも書いたと思いますが、1日1英文でも良いので英文を解く習慣を付けてくださいね。
コンスタントな学習の積み重ねが大事です。

これからも学習を継続していってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ