六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ボランティア通訳に只管朗読は有効ですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英検準1級を取得しましたが、それまでは國弘正雄先生の提唱する只管朗読(*1)をしていました。
朗読をして効果があったため、そうしているのですが、これから先、ボランティア通訳をしたいと思っています。
祐樹先生はこれは意味のないこととお考えでしょうか?

*1
只管朗読:ただひたすら朗読のみを行うこと


■回答
音読の重要性を意識したメソッドですね。
只管朗読は、英会話への効果はともかく、音読が英文を覚えやすくすることは確かと思われます。
六単塾のいう「暗唱」と近いものがありますね。

ただこのメソッドは、「どのような英文を」「いつ」「どの程度音読するか」という観点に欠けている点があります。
朗読だけではまだ効率悪いです。「暗唱」という観点を持たないと・・・。

つまり朗読だけでは、答えを読むだけでは非効率かなぁという考えです。
問題をみて答えを「当てに行く」ことが大事だと思っています。

結論としては、どうせ朗読をする時間があるのでしたら、「暗唱」してはいかがですか?
そのほうが同じ時間を投資するなら効果的かなと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ