六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】事前に英語を調べる際に、おすすめの翻訳サイトはありますか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
わたしは、とっさにしゃべりたい英語が飛び出してくるレベルではありません。
ネイティブの方に会う前には(英会話スクールですが)事前に会話内容を予想し、調べ、臨みます。
しかし、その調べ方ですが、わたしの場合、インターネットの翻訳サイトを主に利用していますが、機械翻訳のためか時々変な英語が翻訳されることがあります。

事前に英語を調べる際に、おすすめの翻訳サイトはありますか?
また、祐樹さんは、どのような方法で調べていらしたのでしょうか?


■回答
「事前に会話内容を予想し、調べ、臨む」という点、とてもよろしいかと思います。
よくメールマガジンを読んで勉強されていますね。

ただ、調べ方が非常にマズイかんじですね・・・。

まずお伝えしておきたいことは、機械翻訳のレベルはまだまだ実用レベルから程遠い、ということです。
昔に比べて少しは賢くなってはきていますが、使える代物ではありません。
恥ずかしい英語のできあがりです。
ですので使ってはいけませんし、おすすめできる翻訳サイトはありません。
ご注意ください。

翻訳サイトを唯一使っていいのは、英文の音声を聞く場合だけです。
グーグル翻訳は、英文音声を聞くのには優れていますのでおすすめしていますが、翻訳としては使ってはいけない。

「英文を探す」というのは、文字通り「探す」ことでして、「翻訳する」ことではないのです。
ではどこから探すかというと、2つです。

1.本屋で売っている参考書から探す
2.英語のプロに聞く(ネイティブ・うちの講師・有料翻訳サービス)。

ポイントは「成功率100%の英文を探す」ということですね。
頑張ってください!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ