六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英文を暗唱することでリスニング力が上がるのはなぜ?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
CDなどの音源を使って実際に聴くことをしなくても、英文を暗唱することでリスニング力が上がるというのはどうしてでしょうか。
私は日々の学習で、暗唱の正答率があまり高くありませんが、海外ドラマをみていて、以前より聞き取れる箇所が増えた気がします。
しかも、単語ではなく、割と文章でわかるようになりました。
とても不思議です。
仕組みを教えてください。


■回答
六単塾の効果を実感されていらっしゃるようで、大変嬉しく思います。

なぜ、音声CDを聴かずとも、英文を暗唱することでリスニング力が上がるのかといいますと、「リスニング力は自分が習得している英文の数」で決まるからです。

自分の中にインプットされている英文の数が多いと、英語を聴く際に知っている英文にヒットする確率が上がります。
その確率を上げるために、六単塾の講座では高頻度に使用される汎用性の高い英文を厳選し、「英文を暗唱する」という方法を取っています。
六単塾の講座の英文は、音声CDの英文よりも質が高いため、ヒット率も高くなります。

英文を暗唱すると、自分で声を出してそれを耳で聴くため、読んでいるだけよりも身に付きやすくなります。
人間は、自分が話せない言葉は理解できません。
自分の言葉を自分の耳で聞いているから理解できるとされています。

また、単語や熟語だけを覚えるのではなく、「英短文ごと」覚えるため、英語を聴き取るときに文章で分かるようになるのです。
長文ではなく「短文」であることも重要です。
長すぎる文章では、ヒット率が下がってしまうからです。

知っている英文が少ないのに英語音声をいくらたくさん聴いても、意味がありません。
音声CDを聴くだけの学習法は非効率です。

「使える英文を大量に習得すること」がリスニングアップには不可欠なのです。
英文暗唱に特化した学習の方が効率的で結果も早く出ます。

これからも六単塾の学習を続けて、さらなるリスニング力アップを目指していただきたいと思います。
頑張ってください!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。