六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICリーディングセクションで長文が苦手。克服方法は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
塾生になって3か月目で、英検2級講座以外のすべての講座を受講しております。
TOEICが合計780点くらいで、リーディングセクションは300点ちょっとでなかなか伸びません。
合計で900点以上を目指しています。
英文法も勉強していますが、長文は苦手です。
具体的にどのような勉強をしたらいいのでしょうか?
やはり、英字新聞を読むことでしょうか?
具体的にどのように勉強したらよいのかを教えていただけますか?


■回答
TOEICのセクション7は、苦手とする人が多いところです。
時間との戦いでもありますしね。

そこで、まず明確化すべきことがあります。
それは長文問題を解く際、時間切れが問題なのか、それとも、最後の長文問題を解く力がないのが課題なのか、ということです。
言い換えると、時間切れさえしなければ最後の長文問題でも、きっちり点数をとれるのか。
これを明確化しなければならないと思います。

この問いを解決するためにはまず模擬試験を数個やることです。
TOEICの公式問題集を基本として、参考問題集をいくつかあつめて実践しましょう。

むろん、最後のセクション、長文問題だけを解いて下さい。
答え合わせをして自分の実力を測りましょう。
もし点数がとれているのであれば試験全体におけるスピードアップが課題になります。

それに点数が取れていないのであれば、そのセクションの点数向上を目指すのか、それとも他のセクションで点数を稼ぐことを目指すのか、といった検討をすることになろうかと思います。
いずれにしても、そういった作戦をたてることが重要で、作戦をたてるには、現状の問題点を明確化することがいまやるべきこととなります。
コツですが、試験は1個では分からないので数個実戦してください。

また長時間の試験になるので1からやるとすごく疲れます。
セクションごとに答え合わせをして一旦区切りをつけるとよいでしょう。
複数の模擬試験を集めて、セクションごとに集中的にやるのもよしです。
そして、点数・弱点、といったところを自分で分析しましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ