六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】スピーキングの勉強、リスニングの勉強を、いつ、どこで、どのような順番で作戦立てて間違わずに効率よく学習していくか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
スピーキングの勉強、リスニングの勉強を、いつ、どこで、どのような順番で作戦立てて間違わずに効率よく学習していくか?
ぜひぜひ、教えてください!

ちなみに、私は今、話すことがあらかじめ決まっていて、前もって話の流れがイメージできていれば、なんとなくネイティブとの会話は成立します。
ただし、ふいに話しかけられたり、たわいもない雑談となるとお手上げの状態です。
私が話す英語とネイティブが使う英語は、そもそも違うようで、何を言っているのかちんぷんかんぷんなんです。
だから、話の主導権をとれる時は、スムーズに会話が成立しても、そうでない時は、リスニングもスピーキングもメチャクチャになってしまうんです。
やる気と時間の確保と最適な環境(アメリカ在住)はあります。
ですから、やり方を教えてください。


■回答
目的がよくわからないのですが、英会話が目的と考えていいのでしょうかね?
ちょっと情報不足で作戦を立てようにも立てられない・・・。

作戦というのは、まず目的を決めるところから開始します。
それも具体的で数値で示されることがベストです。

たとえばネイティブというのは誰のことでしょうか。
ご友人?
お店の人?
誰と一番話したいのでしょうか?
いつ?
どこで?
具体的に雑談とはどこでの雑談?
そして自分は具体的にどういう会話ができてなくて困っているのでしょうか?

・・・と言う風に、具体的な情報がたくさんあってこそはじめて作戦はできてくるのです。
なので、その辺をまずは明確にされて。
具体的な情報をいただければ適切なアドバイスが差し上げられるかと思いますよ。

ポイントは「目的」「自分の状況(過去含め)」「具体的にできないこと」「具体的にできていること」。
そして、できれば数値を入れてくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ