六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICリスニングでイギリス・オーストラリア・ニュージーランドの発音を聞き取るにはどうすればいいか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICのリスニングの件で、イギリス人、オーストラリア人、ニュージーランド人の発音を聞き取るにはどうしたらいいでしょうか?
この間もテストを受けましたが、面食らいました。
具体的な対策をお願い致します。


■回答
イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語は、どれも違いはあるのですが、アメリカ英語に比べると、すべて、イギリス英語に似た発音や単語の癖があります。

具体的には、Rの音が弱めだったり、アメリカ英語では「エイ」と発音される音が「アイ」になったり、「アウ」と発音される音も「オウ」になったり、という感じです。
またtの音なども強めに発音されます。

より詳しい法則などは、たとえば、こちらのサイトなどを見てみるといいかもしれません。


http://matome.naver.jp/odai/2137839598892503801
対策としては、このような知識をつけて、意識してアメリカ英語以外を聴く量を増やすしかないと思います。
字幕やスクリプトなどを見て、自分が知っている発音と比べてみてください。
最初のうちはまったくわからないかもしれませんが、何度も聞いているうちに耳が慣れてくると思います。

がんばってください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ