六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語で話そうとする時にどうしても、頭の中で日本文から英文へとしてしまいます。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
いつも丁寧な回答を頂きありがとうございます。
今回は漠然とした質問になってしますのですが、何か英語で話そうとする時にどうしても、頭の中で日本文から英文へとしてしまうくせがあり、パッと出ません。
何かいいコツがあればお聞かせください。
特に「主語」がはっきりしない場合につまります。


■回答
日本文から英文へしてしまう癖は、どうしようもありません。
というか、別に日本文から英文に変換するというのは、日本人である限り、やってしょうがないものです。

問題は、その変換の方法です。
それを英文法で翻訳して変換する方法だと、確実に墓穴を掘ります。
英文法で翻訳するのはとても時間がかかるからです(しかもほとんど通じない)。
パッと英語が出ないのは、英文法で変換しようとしているからではないでしょうか。

英文法で翻訳するのをやめてみましょう。
その代わりに、英文そのものを「覚えて」「思い出す」のです。

英文を覚えて思い出すという変換方法なら、日本語から英文はすぐにできます。
パッと言えるようになるでしょう。
事前に知っていて、事前に暗唱する訓練をしておけば、英文に変換する癖もなくなりますよ。

また、主語がぱっと出ないのは、その言葉の知識がない、ということに尽きます。

六単塾で推奨しているように「暗唱できる英文数」が、リスニング力であり、スピーキング力でもあります。
言いたい言葉も、逐次、暗唱できるように鍛えておいてくださいね。
がんばってください!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ