六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】活用自在の英語と英検1級合格するには、どうすればうまくいく?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
実は、17年前に英検準1級に合格したのですが、その後はあまりパッとせず、英検1級もC判定で落ち続けました。
最近では受験もしていません。
六単塾の朝の勉強も紙に書かず、音読しており、結果もチェックせず、土日の復習もしておりません。
活用自在の英語と英検1級合格も手に入れたいのですが、これからどうすれば上手くいくでしょうか?

17年前の英検準1級合格も何の役にも立ちませんか?


■回答
TOEICの点数は取得後2年が有効期間とされることも多いようです。
ただ、資格を就職、転職などに活用する場合、いわゆる有効期間を判定するのは、就職先の企業などの個々の判断によります。

私個人で言うと、2年以上経過した資格も履歴書に記述します。
一度その点数や級を取った人は、その点数を取れる能力がある人間だと思えるからです。

資格をどのように使うかによって、受験する試験は異なってくると思います。
もちろん英検1級が応募条件になっていれば英検1級を受験し、一般的なビジネスと考えればTOEICも有効です。

英検1級の試験は、単語・語彙力が最も重要なポイントだと思います。
日常生活ではあまり使われないような難しい単語を覚える必要があります。
英検1級合格を目指す場合、英検1級に特化した勉強法が必要です。

目標があると上達が早くなりますので、資格試験に臨むことはよいことだと思います。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ