六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】海外のESLクラスに1ヶ月通いますが、どのような点に気を付ければいいのか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
今ワーホリでバンクーバーに来ています。
ESLに行ってるのですが、正直授業中に学ぶことが日常でどれくらい活かされてくるのか疑問に思ってしまって、、、テストだと中級レベルあるように言われるのですが、全然話せてる実感はなくて。
もちろん自分の取り組み方次第だとは思います。
あと一ヶ月通うのですがどのような点に気をつければよいのかアドバイスがあればいただけますか?よろしくお願いします。


■回答
現在バンクーバーのESLに通っていらっしゃるのですね。
ESLのクラス分けは、筆記テストと講師との面談で決める学校が多いと思います。
そうなると、筆記に強い日本人は、割と高いレベルのクラスになるのですが、実際に授業で会話となると、思うようにいかないものなのですよね。
今せっかく六単塾の講座を受講されていますので、一つでも多くの英文をインプットして、ESLにいる間に実践してほしいと思います。

ESLや日本にある英会話スクールは「試合会場」と考えてください。
試合とは、普段の練習の成果を試す、アウトプットする場所ですよね。
英会話でも同じで、普段インプットした英文をどれだけアウトプットできるかを試す場所なのです。
会話をしながら、新しい表現を吸収することもありますが、それよりも、自分が身に付けた英語表現を実際に使ってみることの方が大事です。

ちなみに、日常英会話の習得の肝は、「高頻度・汎用的な英文」を日々入手し、「暗唱できる数を大量に」体得し、「月2~4程度、ネイティブに実践し」、「フィードバックをかける」このサイクルです。

六単塾の英文は高頻度・汎用的なところをおさえていますので、ここをベースにする戦術でまず間違いないでしょう。

実際に英会話を楽しむためには、「暗唱できる英文数を大量に」増やす必要があります。
六単塾の講座を繰り返し解いて、使える英文数を増やすということからやってみてください。
そして、実践してみてどの程度できたかを振り返るということをやってみましょう。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ