六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語学習のさぼり癖がついた。やり直したいが、気持ち入れ替えて頑張るにはどうすれば?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
今年5月からスタートして夏までは順調に毎朝やっていてそれなりに成果を出せていたと思います。
が諸事情により、月に何回かしか出来なくなってしまい、さぼり癖もついてしまいました。

最近、状況が落ち着いてきたので、久しぶりにやり直しましたが、うまくいきません。
こういう場合、全て戻して最初からやり直したいと思いますが先生はどう思われますか?
再度、気持ち入れ替えて頑張るにはどのような方法がベストでしょうか?


■回答
大復習などをやってみてほとんどが受信箱に戻るようでしたら、講座メールを最初からやり直すのもOKだと思います。

または、過去の記憶が残っていそうな問題からやれば効率的ですね。
「一度覚えた英文は、それほど苦労しなくてもフレーズが出てくる」とおっしゃっているように、一度はやっておられるので0から始める場合よりも有利ですよ。

1日にたくさんやっても辛いだけですし、記憶に残りにくいです。
再開してしばらくは、習慣化させることを重視した方が良いので焦らずやっていきましょう。
そのため、1日1英文だけでもいいので、いつでも暗唱できるようにきっちり訓練して体得していくということが重要です。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ