六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICの点数と英語でのコレポンと必要。どのように勉強すればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
祐樹先生、こんにちは。
勤務先で部署への異動を狙っています。
その部署で必要とされているのは、英語でのコレポン、英語でおこなわれる会議への出席、アジア地域への出張に対応できる英語力などです。
比較的新しくできた部署で、今は英語があまりできない人たちが四苦八苦して対応しています。
英語対策に力をいれてこなかった会社のため、TOEIC600程度のスコアでもスゴイと褒められる程疎い会社です。
求められている能力とTOEICの得点力は異なると思いますが、会社ではTOEICの点数も評価の対象です。
ふたつの力をつけるためにはどのように勉強するのが効率がよいでしょうか。


■回答
必要なのは、TOEICの点数と実践力の2つということですね。

どちらも基本的には学習時間や経験に比例して向上するものですが、TOIECの点数を上げるという観点では、やはりTOEICに特化した問題や過去問題、模擬試験、参考書などを勉強するのが効率的だと思います。
また、TOEICの勉強をすることは実践的な英語力の向上にも繋がります。

会社で求められる英語力は、聴く、話す、書く、読む、全てが必要かとは思いますが、聴く、読むというのは、会社の業務が分かっているので意外と難しくないかもしれません。

「話す」は、話す機会を作り、話す量を増やすことが最も必要です。
現在は、オンラインの英会話レッスンなどもありますので、活用されてもいいかもしれません。
また、人と話さなくても、自分の頭の中で、これを英語で言ったらどうなるかな?
と常に考える癖を付けるのは効果的です。

「書く」は、「ビジネスライティング」に特化して勉強を始めるのがよいと思います。
「ビジネスライティング」「英文メール」に関しては様々な本も出ていますし、ネットで検索してもある程度出てくると思います。
決まった型のようなものがたくさんあります。

私は海外で働いていたことがあるのですが、上司の日本人は仕事上のことについては問題なく聴くことができ、話すことができました。
しかし、「週末はどうだった?
」と聞かれると十分に答えることができないと言っていました。
すべてについて話せることは理想的ですが、「ビジネスイングリッシュ」の特有の表現を覚えていくことで仕事に関する英語を問題なく扱えることが可能ではないかと思いました。
頑張ってくださいね!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ