六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語を聞いて耳に慣らす方法がありますか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
短文を覚える努力を始めたばかりですが、聞いて耳に慣らす方法がありましたら教えていただきたくお願い致します。


■回答
英文を「聞き流す」のではなく「声に出して暗唱する」のが良いと考えています。
理由は簡単で、聞き流しても耳に慣れるということはないからです。

耳を英語で慣れるようにするには、同じ英文を聞くこと。
同じ英文を何度も聞くから、耳に慣れるわけです。

加えて、ちゃんと意識して英語を聞くことがポイントになります。
意識せずに聞いても、耳が慣れるということはないからです。
潜在意識には残るかもしれませんが、意識下で英語を認識するまでには隔たりがあります。
それはつまり、英語を聞き取れないという状況に相違ないのです。

以上の理由で、聞き流しではうまくいかないというのが基本です。
同じ英文を、英単語の構成も含めてきっちりと意識して聞く。
それを繰り返し聞くことで、英語耳というものができてきます。
頑張ってください!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ