六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ホストファミリーとして外国人が滞在中。それでも英語の上達がみられないのはなぜ?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
お世話になります。
ここ3年間我が家には英語圏の留学生が6カ月から9か月間で入れ替わりながら常時滞在しています。
しかし、こちらの英語はほとんど上達が見られません。
彼らには日本に到着するや否や、ホストファミリーに英会話を教えるように依頼し、快諾してくれるのですが家族4人ともさっぱりです。
(家族構成;会社員、主婦、大学生2名)何かアイデアあれば教えてください。


■回答
英語圏からの留学生をホストファミリーとして受け入れていらっしゃるのですね。
ご自身やご家族にとって、大変貴重な機会だと思います。

英会話スクールなど、英語を話す場所というのは「試合会場」と考えてください。
試合とは、普段の練習の成果を試す、アウトプットする場所ですよね。
英会話でも同じで、普段インプットした英文を、どれだけアウトプットできるかを試す場所なのです。
従って、ネイティブと会話をするだけでは、英会話力は身に付きません。
会話しながら、新しい表現を吸収することもありますが、それよりも、自分が身に付けた英語表現を実際に使ってみることの方が大事です。

ちなみに、日常英会話の習得の肝は、「高頻度・汎用的な英文」を日々入手し、「暗唱できる数を大量に」体得し、「月2~4程度、ネイティブに実践し」、「フィードバックをかける」このサイクルです。

六単塾の英文は高頻度・汎用的なところをおさえていますので、ここをベースにする戦術でまず間違いないでしょう。
ご自身は、六単塾の学習は順調に行っていらっしゃいますでしょうか?

実際にネイティブと会話を楽しむためには、「暗唱できる英文数を大量に」しなければ難しいですね。

それでも、英語ネイティブと生活を共にするということは、英会話を実践するチャンスですので、まずご自身は、六単塾の講座を繰り返し解いて、使える英文数を増やすということからやってみてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ