六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英文を覚え始めたが正解率が低い。正解率を上げるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
今年1月から六単塾のテキストで英文を覚え始めました。
今月はできたつもりでしたが、終わってみると正解率はまだ80%以下でした。
でも、実力は付いているようです。来月は100%を目指します。

先日、道で外国人をつかまえて英語で話しかけ、おしゃべりできてとても自信が付きました。
あと半年もすれば日常英会話はなんとかなりそうです。今後ともよろしくご指導ください。


■回答
問題の正解率は、同じ問題を復習する頻度を高めることで高まっていきます。
最初は解けなくて当たり前なので、その後の復習が肝になります。

復習の頻度は、ご自身にとって都合のよいタイミングを見極めることで決まります。
たとえば、すぐ復習するのは良いですが、正解率は高くなるのは当然です。
そのまま放置では後になって忘れる可能性があります。
一定の間隔、忘れそうな時期に復習を1度かますと、記憶に残りやすいですね。

いつ忘れそうになるかは人によって異なりますが、だいたい2日か3日ぐらいが妥当でしょうか。
その辺は、ご自身で復習日の間隔をいろいろ変えてみて、良さそうな時期を見極めてください。

たとえば2日ごとだと、正解率は高い(覚えている)けど、1週間たてばほとんど忘れているかもしれない。
でしたら、3日ごとに伸ばしてみるとか、5日経過ごとに復習日を置いてみるとか。

たとえば毎日復習したら記憶には残ったが、時間的に圧迫されて続かないかもしれない。
そのときは2日ごとにするとか、ですね。
とにかく、あなたにとって最適な復習タイミングというのがあるはずです。
それを見極めるために、復習日をいろいろ設定して、試してみてください。
その際は記録をとっておく(メモ程度で構いません)と、後で見直したときに確実な結果が出ます。

外国の方と英会話ができると楽しいですよね。
簡単会話編だけの受講でもかなりの数の英文を習得でき、さらにリスニング力や会話力がアップしていきます。
この調子でコツコツと頑張っていただきたいと思います!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ