六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】学生時代は苦手な英語。どういった勉強するのが効率がいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
現在仕事で貿易事務をしていて、会話は殆ど必要ないのですが、契約書等の英文を読む必要性があります。

実際のところは、読めなくても事務処理はできてしまう環境ですが、せっかく携わっているので、すべてを読解したいと思っています。

もともと学生時代は一番苦手だった英語。
なので中学文法も危うい状態です。
ですが、いい機会なので勉強したいのですが、なにかコツというか、どういった勉強をするのが効率がいいかを教えていただきたいです。
宜しくお願いします。


■回答
おすすめの方法としては、六単塾の必修講座・ビジネス講座をやることと同時に、中学英文法を突貫工事でががっと勉強しちゃうことをお勧めします。


六単塾の必修講座・ビジネス講座をやることで、英文そのものを
体得できますのでリーディング力を伸ばすことに直接つながります。

(英文法で解読するのではなく、順番にすらすら読める状態を目指せる)

これについては、1日30分以内で終える、暗唱する、ワークシートを
作る、といったやり方はこれまでと同じです。
提出してくださいね。


一方、文法は、中学レベル(2年生まででもいいかな)なら
やっておいても損はないです。
ある程度の形さえ知っておけば
それでOK。
完全にマスターする必要性はありません。


これについては、1ヶ月ほどで集中して終えちゃうといいでしょう。

毎日2時間程度時間がとれるならいいのですが、ダメでしたら、せめて1日30分は時間とってください。
1ヶ月間、つらいですが、それぐらいは時間投資したほうが、あとあと財産になります。

逆に、土日に集中するやり方は、ダメです。
続きません。


やり方としては、本屋に行って、解説や問題の答えが充実していて、なおかつ自分が読みやすい、わかりやすいと感じた中学参考書を買うこと。
いまなら受験生がいると思いますが、彼らに交じって買うということです。
通販はダメですよ。本屋で立ち読みして買う。

また、難しすぎるのはダメです。
「チャート式」「受験研究社」は説明が固いですし、難しいです。
もっとわかりやすいのがいい。

あとはその参考書の問題をひたすら解いていく、ということですね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ