六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英会話フレーズは、文字を見ずに覚えるほうが効果があるのでしょうか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
知り合いの人に、覚え方を聞いたのですが、音読、シャドウウィング、リピーティングを何度も繰り返して、覚えるように教わりました。
そして、そのときのコツとして、文字を見ずに覚えるように言われました。

しかしながら、あるホームページを見ていると、発音するだけではなく、音源を聞いて、英文を見て、書いて覚える方が覚えやすいと書かれていました。
つまり、視覚、聴覚、触覚を総動員して、発声して覚える方が覚えやすいというのです。
私もそのように思ったのですが、英文は見ない方が効果があるのかないのか、教えてもらえませんか。
また、覚える際の適切な方法を教えてください。

いまは、英文を可能な限り見ずに覚えようとしているのですが、忘れやすいのです。
英文を見て、書いた方がいいように思えてきて、悩んでいます。
学生時代は、暗記するときには、必ずノートに
書いて覚えていたので、そちらの方がいいのかなと。


■回答
五感を使ったほうが記憶に残りやすいのは事実です。
これは昔から言われているもので医学的にも根拠があるものとされています。

ただし五感を使うということは、それだけ効率が悪くなることともいえます。
試験の一夜漬けのような場合は非効率ですよね。

それに、五感を使ったから忘れないわけではありません。
五感を使っても忘れるものは忘れます。

ですので五感を使って覚えるのはよいですが、あくまで手段ですので、覚える目的と、効率性、覚えるまでの期間を考慮することかと思います。
場合によっては五感を使うこともよいでしょう。

六単塾の学習は暗唱をして暗記するというもので、読み書きは一切いれていませんが、そのほうが六単塾の目的(汎用的・一般的に使える英文を体得して積み重ねる)に合致し、かつ効率的に覚えられることからそうしています。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ