六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】覚えたい英熟語を繰り返し覚えるには?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
以前、塾長のお悩み解決コーナーで、

自分は覚えたい文章や熟語を適頃な付箋に書き、それを目のつくところに張り、繰り返し覚えた。
覚えたものから、それを剥がす。
だから、覚えなければならないものがいつも自分の視野の中にあった。

というような記事を拝見しました。

いま、これをヒントに幅2.5センチから7.5センチの文具やで売っている付箋に、覚えたい文章熟語を書き、机に張り、呪文をとなえるよう、繰り返していますが。
確か、そのような事例がありましたが、正鵠を得ているでしょうか??
エクセルに転記するより効果は上がっていますが。
・・・・

■回答
はい、それでよいと思います。
付せんは、つけたり外したりがアナログで簡単にできるのがよいですよね。

ただしデメリットもあります。
デメリットとしては数に限りがあるということです。
なので最も重要なものとか、最も直近で利用したい英文に使うのがよいです。

数が増えてくると、付せんでは対応できないので、アナログよりデジタル、つまりエクセルを利用するといったような方法で行ったほうがよいことも多いです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ