六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICパート3と4について質問です。設問と選択肢を先読みできません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICパート3、4について質問です。
巷にあふれる多くの参考書に「設問と選択肢を先読みして必要な情報を待ち構えて聞き取る」なんてアドバイスがありますが、「待ち構える」ことができません。
どれもこれも言うのは簡単、そんなことできれば苦労しない、というアドバイスばかりで参考になりません。

何を話しているのか聞き取るのに必死であっという間に音声が終了しています。
パート3(4は3と同じなので省略)の解き方、勉強方法についてアドバイスいただけると幸いです。

「設問選択肢の先読み」が有効なことは理解できました。
音声が流れている間は、頭の中で何を考え、視線はどこを見て解くのが有効でしょうか。
聞くことと見ることを分けるのが良いと聞き、実際のテストで試してみましたが、聞いてから選択肢を見ると既に何と言っていたのか思い出せない状態になり、選択肢を見ながらの方が自分には合っているのかな、と感じました。

「解き方」について具体的にアドバイスをくれる参考書が無いので六単塾に質問してみました。
よろしくお願いいたします。

巷の参考書はどれもこれもそもそも英語が好きな者、もしくはTOEIC満点の者が書いたものばかりで中級レベルの者にとっては取っつきにくいアドバイスばかりで興ざめしています。
ちなみに私は現在TOEIC775点ですが、800点目指して六単塾に入塾しました。


■回答
そうですね、設問みながら聞くのがよいかと思いますよ。

パート3は長い長文がぺらぺら流れる状態ですので、日本語で
あってもなかなか難しいです。
設問自体も意地悪な問いが多いですしね。

(直接的な答えが記載されず、消去法でしかわからないこともある)

設問のキーワードをみつつ、関連する言葉が聞こえてきたら、そこに集中して答えを判断する。
でもそこで悩んでいると、もう英文が流れていってしまうので、わからないときには捨てて次の問題に移る。
という見切りも大事でしょうね。

見切りは、テストに慣れることで身につきます。


ただ、やっぱり一番大事なのは、そもそもパート3・4で
流れる英文が瞬時に理解できるリスニング力でしょうね。

リスニング力がないのに設問を解くのははっきりいって厳しい。


TOEICリスニング力をつけるには、六単塾のストック学習をすること。

簡単英語術講座・ビジネス英語講座の2講座を行なうことですよね。

これは1日30分以内で終わらせる。

で、時間があるなら1日数時間をフロー学習に使う。
今回の場合、パート3の問題だけ、まずは集中して解いては理解し、暗唱する。

ということをすべきだと思いますよ。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ