六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICの参考書を多読すれば点数は上がるものでしょうか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
TOEICのリーディングで400点以上取るのが目標で六単塾に入塾しました。
多読が良いと参考書に書かれてあったので、レベルの低いものから読書することにしましたが、ただ読んでいるだけでTOEICの点数が上がるものなのでしょうか。
TOEICリーディングスコアを上げるために効果のある多読の方法についてアドバイスいただけないでしょうか。
そもそも多読はTOEICの点数を上げるためには効果が低いと思われるならやめようと思いますが。


■回答
ただ読んでいるだけで、TOEICの点数があがるわけはありません。
これは「聞き流しでリスニング力がつかない」のと同じです。
読み流しではリーデイング力はつかないですね。意味ないです。

基本的に「流し」とつくものは、全く効果がないと思っていいです。
プロは、絶対に流さない。
プロの戦略は、1つ1つを各個撃破するエリア戦略にあります。

今回の場合なら、1番自分に役立ちそうで、かつ自分のスキルに合った本を1つだけ選び、そこに含まれる英文を単語レベルから文法レベルまで隅から隅まで理解し、最終的にその本1冊を完全に読み切れるレベルまで持っていく。
これがプロのやり方です。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ