六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】アメリカ在住で、積極的に話しかけたいが、雑談できるほどの英語力がなくもどかしい

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
おかげさまで、使える英語、伝わる英語が少しずつ増えて来て、日々通じる楽しみを感じています。

さて、私、今主人の仕事の都合でアメリカに住んでおります。
滞在予定5年。うち、三ヶ月が経過したところです。
この辺りは、よくも悪くも日本人が多く、英語を話さずとも暮らせてしまうような地域です。
安心ではあるのですが、アメリカ人の方も、日本人は日本人同士で固まっているイメージがあるように思います。

ですが、私はこんなチャンスを逃したくないので、積極的に入り込んでいきたいと考えています。
ですが、雑談できるほどの英語力があるわけでもなく、毎日もどかしい思いをしております。
そんな私に何かしらアドバイスはありませんでしょうか?アメリカ人同士の会話なんてさっぱり分かりません。
私向けに噛み砕いて話してくれる言葉しか分からないのです。
よろしくお願いします。


■回答
そうですね、日本人コミュニティはコミュニティとして、ネイティブたちと一緒にいれるコミュニティに属することが先決かと思います。
たとえば僕の母は私立大学のカルチャークラス
に通っていまして声楽をしていたので声楽のクラス、料理のクラス
などを受講していましたよ。
ドイツ人やスペイン人もいたりして
結構楽しかったそうで、そうしながら言葉も覚えていきました。

何か趣味があったらそういう感じで、趣味をベースにして
コミュニティに入れればよいかなぁ、と思います。


あとは相手の言葉を聞ける、つまりリスニング力が肝ですよね。

アメリカ人ならネイティブとしては上等です(聞き取りやすい)。

日常会話レベルは、六単塾の簡単英語術講座だけで充分対応ができますので、これを完全マスターすることを望みます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ