六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】TOEICでヒアリングの説明文になると頭が白くなって何も入ってこないのはなぜ?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
初めてお便りいたします。

入塾語、朝の出勤前15分程度の学習癖が付きました。
不正解だった問題の復習が出来ていないのが今後の課題ですが、毎日英語に触れることで英語を身近に感じることができてるような気がします。

私は会社で、上司のアシスタント(スケジュール調整など)、会議のアレンジ・準備等、主にサポート関連の業務に従事しております。

子会社がアメリカ他にあり、上記業務煮関連するメールや来日時に少し英語を使う程度で必然性の中では英語の幅を広げられていないのが現状です。

今後、英語関連での業務の幅を広げていけるように、まずは客観的な指標を持ちたいとTOEICを受講しようと計画し、本試験型の問題集を解くことから初めています。

その中で、特にヒアリングの説明文に苦戦しています。序盤から聞き取れず、最終的に頭が白くなって何も入ってこない状況です。
先生がおっしゃるように知っている単語・熟語数が少ないのも原因かと思いますが、何か長文を聞き取る時のポイントがありましたらご教示いただけませんでしょうか。
よろしくお願い致します。


■回答
六単塾のやり方でやっていればどうやっても復習問題を解かざるを得なくなりますから、自然と復習はされていきますよ。
ワークシートの「継続率80%」とは、復習率とも言えるわけです。

順々に説明しましょう。

まず、長文は、短文の組み合わせです。
ですので
短文を聞き取れてはじめて長文が聞き取れるようになります。


では短文を聞きとるにはどうすればよいか。
それは「短文を聞いた瞬間に理解できている」状況を作ることです。

そういう「聞いた途端に理解できる短文」を増やすことで、瞬時に英語が理解でき、それがリスニングの点数に結びつきます。

では「聞いた途端に理解できている」とはどういう状態か。

それは1.「その英文の発音」に対して「日本語訳」が2.1~2秒以内に答えられる

あるいは1.「その日本語」に対して「英文の発音」が2.1~2秒以内に答えられる状態ということになります。


では、そういう状態を作るにはどうすればよいか?
これは戦略的に考えれば「頭で考えては到底無理」です。

「体で覚えなくてはならない」のです。

頭に任せてはダメで、体のように、瞬時に対応できる「反射能力」でなくてはいけないということ。


では体で覚えるとはどういうことか?
それは「暗唱する」ということに他ならないのです。

ある日本語を「ぽん」と出されたときに、2秒以内で英短文を暗唱できるかどうか。
これがリスニングの肝となります。
その英短文が増えるほど、リスニング力がますわけです。

以上のような戦略を、すべて反映して、最適な学習システムを実現したのが今の六単塾の姿なのです。
六単塾は、だから「暗唱」をあなたに強いているのです。
だから六単塾を正しくやると、リスニングが伸びるのです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ