六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】会話を実践するための適当な方法や場所とは?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問

会話の実践をしたいと思っているのですが、何か適当な方法なり場所があればご教授願いたくよろしくお願いいたします。

 

英会話の実践には「グアム」「香港」に旅行しよう

もし金銭的・時間的に多少余裕があるのでしたら、あなたには海外旅行を個人で行くことをお勧めいたします。具体的には「グァム」「香港」が一番お勧めです。


「グァム」「香港」がよい理由は3つあります。

  1. 英語が公用語に近いぐらい使える国である。
  2. 日本から3時間程度で着くので移動がラク。
  3. 日本語も多少通じる国なので、個人旅行でも安心。


ホテル予約から、レストラン予約、食事中、、、、と、英会話を実践できる機会はたくさんでてくると思いますよ。

 

f:id:rokutanjuku:20170903065803j:plain

 

海外で英語を話すことは、英会話の準備さえ国内でしっかりやっておけば難しくないです

海外で会話をするのはなかなか難しい、と思われるかもしれません。でもそれは「準備が不足している」だけのこと。準備を怠らなければ話せることが話せる、聞き取れるものが増えたと実感することができます。素晴らしいことです。

 

英語で話しかけるって最初は大変。恥をかきたくはないですよね。準備をしっかりやっておけば恥をかかずにすみます。そして英語が通じたときの喜びははんぱないですよ。

 

現地の方の話す英語は、メディアでアナウンサーが話すような英語と違って、訛りもありますし、聞き取るのが大変な場合もありますね。でも慣れてくると、こうしたものも聞き取れるようになってきますので、ぜひ頑張って学習を続けていただければと思います。

 

英語を話しかけることも、英語を聞き取ることも、グアム旅行(香港旅行)する数ヵ月前から、日本でしっかりと準備しておく。これが、現地に行って英語で恥をかかないための成功法則です。

 

f:id:rokutanjuku:20170903065744j:plain

 

「個人旅行」で予約する。ツアーでは予約しない。

そして、これは個人旅行というのが大事です。ツアーだと添乗員に頼ってしまいますからね。どうしても英語を話す機会というのはなくなります。英語を話す、試すのが目的なんですから、ここは個人旅行でいきましょう。個人で調べて、個人で行くのがよいのです。

 

個人旅行といっても「グアム」「香港」は目の前ですから。飛行機で3時間から4時間。日本国内を飛行機で飛んでるような感覚です。あっという間につきます。ですから万が一英語で何かあっても困らない。安心できる場所なんですね、グアムと香港は。都心部では日本も通じますし。場所が近いってそれだけでメリットなんです。

 

f:id:rokutanjuku:20170903065847j:plain

  

香港(グアム)で話す英会話は、事前に練習しておこう。

また、事前にグアム(香港)に行くということはわかっているのですから、あなたが事前にできることはたくさんあります。まず、グアムか香港で言いたい英会話をあらかじめ調べておく。これすごく重要です。日本にいる間にできます。

 

そしてそのあなたの言いたい英会話が通じるように練習しておく。これもまた日本にいる間にやっておく。時間はたっぷりありますから、それだけはきっちりやっておきましょう。準備万端にしておいて、それからグアムや香港に行くのです。

 

それからグアム(香港)の人の英語を「聞き取る」ということも準備が必要ですね。こちらは話しかけることに比べると、ちょっと時間は必要です。なぜなら現地の人があなたに何を話しかけるかを予測することはむずかしいからです。(あなたが話しかけることなら、言うことなら、予測できるんですけどね。)

 

人間のやることですから、なんでもかんでも英語がすぐに聞き取れるようになることはできません。ですのでグアムや香港で英語を試すなら、まずは英語を話しかけることメインでよいでしょう。そこから少し応用して、英語を聞き取る(リスニング対策)こともやってみるなら、現実的にみて数ヵ月ぐらい前から英会話の準備をしておくとよい、というのが僕の考え方です。

 

f:id:rokutanjuku:20170903065838j:plain

 

実践編:六単塾の場合

実践編として、今回の話について、僕の英語塾「六単塾」がどうやって実践しているかお話しします。

 

僕の英語塾「六単塾」の場合は、海外旅行より大体6ヵ月前からあることをやってリスニング対策を準備しておきます。そして「1ヶ月前から」英語を話しかける(スピーキング対策)「あること」にとりかかる形です。それで、現地の人の早い英語も8割がた聞き取ることが可能になる手法をとっています。

 

「あること」に興味があれば下記の記事をご覧になってください。

 

>f:id:rokutanjuku:20170903065816j:plain

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。